北鎌倉の寺院

建長寺 に対する画像結果

建長寺 臨済宗の本山寺院,北条時頼が蘭渓道隆を招いて創建中国杭州の万寿寺を模したといわれ、大覚派の拠点で臨済宗建長寺派大本山。 鎌倉五山の第1位で、鎌倉の中心的禅寺です。

円覚寺(えんがくじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある寺院。山号を瑞鹿山(ずいろくさん)と称し、正式には瑞鹿山 円覚興聖禅寺(ずいろくさんえんがくこうしょうぜんじ)と号します。 鎌倉時代の文永、弘安5年(1282年)に鎌倉幕府執権・北条時宗が元寇の戦没者追悼のため中国僧の無学祖元を招きました。 臨済宗円覚寺派の大本山であり、鎌倉五山第二位に列せられ本尊は宝冠釈迦如来、開基は北条時宗、開山は無学祖元であります。なお、寺名は「えんがくじ」と濁音で読むのが正式である 。

浄智寺

浄智寺について 、鎌倉幕府第5代執権北条時頼の三男である北条宗政が亡くなった折、その菩提を弔うために1281年頃に創建されました。 当時は中国(宋)からの渡来僧も多く、最盛期には七堂伽藍を備え、塔頭も11寺院に達しました。

東慶寺 に対する画像結果

東慶寺(とうけいじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺院である。山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺。寺伝では開基は北条貞時、開山は覚山尼と伝える。現在は円覚寺末の男僧の寺であるが、開山以来明治に至るまで本山を持たない独立した尼寺で、室町時代後期には住持は御所様と呼ばれ、江戸時代には寺を松岡御所とも称した特殊な格式のある寺であった 。また江戸時代には群馬県の満徳寺と共に幕府寺社奉行も承認する縁切寺として知られ、女性の離婚に対する家庭裁判所の役割をはたしていました。

Meigetsu-in Kamakura Main-Hall.jpg

明月院は、禅興寺という寺の塔頭であったが、本体の禅興寺明治初年頃に廃絶し、明月院のみが残っている。禅興寺の起源は鎌倉幕府5代執権・北条時頼にまで遡る。時頼は別邸に持仏堂を造営し、最明寺と名付けたが、時頼の死後は廃絶していた。時頼の息子の北条時宗は蘭渓道隆を開山としてこれを再興し、禅興寺と改名した。現在は、「あじさい寺」として有名で、花のシーズンにはたいへんな混雑をみせる

圓應寺のご案内

円応寺は、閻魔大王を本尊として智覚禅師により建長二年(1250年)に創建されたお寺です。閻魔王、十王堂とも呼ばれ、亡者が冥界において出会う「十王」を祀っています。

光照寺

光照寺は、一向俊聖が開山した寺院です。建立された年代ははっきりとは伝わっていません。時宗の開祖である一遍上人が鎌倉に入ろうとしたところ、警備の武士に行く手を阻まれたためにやむなく野宿した場所に寺院が建てられたという伝説が残っています。

鎌倉には江戸に住めなくなったキリシタンが移住してきたようで光照寺は隠れキリシタンを庇護した寺として知られています。今でも祈祷に使われていたキリシタンの燭台が残っています。

光照寺の山門には「くるす紋」と呼ばれる家紋が刻まれています。これは九州豊後国岡藩主の中川氏の家紋の一つです。中川氏は北鎌倉の山腹に娘の位牌堂の東渓院を建立しました・・??が、明治の廃仏毀釈で廃寺に、光照寺に山門が移築されたと言われています。