肥後竹田藩中川久清の娘「菊姫」の位牌堂 東渓院が北鎌倉になぜ建立したのか・・

大分県竹田市の岡(竹田)城は滝廉太郎の「荒城の月」としても有名です。 北鎌倉に時宗光照寺があって、その山門はクルス門と呼ばれ豊後竹田の岡城三代目城主、中川久清が建立した東渓院の門です。門の中央に中川家の紋が今も掲げてあり I H S というアルファベットを図案化したものだそうです。明治5年の廃仏毀釈で廃寺になるまで、鎌倉市台の北向きの傾斜面山腹に東渓院はあり中川久清の娘菊姫( 東渓院殿菊隠宗英禅尼 )の位牌堂の東渓院は岡本の字戸部まで点々と領地があったと言います。なぜ・・大阪夏の陣の後菊姫は家臣と共に鎌倉の台に移ったと言う逸話が今も残っています。