北鎌倉 静粛橋の茶飲み話

静粛橋いまは水堰橋といいます。正確には「せゐ志くはし」と言われています。頼朝が石橋山の大敗から房総半島に渡り関東で兵を建て直しここで一晩泊まって隊列を整え鎌倉に入りしたと言われています。この時数万(吾妻鏡による)の軍勢が2ヶ月に渡り静粛橋で身体を清め整列を整えて山越に鎌倉入りしたと言はれています。小田原北条氏の日記吾妻鏡にあるそうで、北条の忍者が百姓に化けて偵察していたのでしょうか??