北鎌倉 白黒小路

「しらくら小路」は建長寺・円応寺・ 長寿寺 から踏切付近(明月院入口)までを言い、この話は私が9才(現在79才)の頃に聞いた年寄りの茶飲み話です。昔小坂村から鎌倉へ入るのは今の様に切り開かれておらず大変な所で山頂を見て想像がつきます。亀ヶ谷坂切通と巨福呂坂切通が当時は切り開かれておらず「目をしろくろ」させて登り抜けたとか・・・以前の住居表示にはその名残の「白黒小路」があります(上画像は現在の 巨福呂坂 )

現在の亀ヶ谷坂が切り開かれてない場合を想定すると相当の山越えが分かります。現在は相当切り開らかれています。 (北鎌倉より扇が谷へ)

山を見上げると相当切り開いたのがわかります(扇が谷より北鎌倉へ)