北鎌倉 鍛冶東源治助真と徳川家康

北鎌倉女子学院上り口付近に頼朝の祥敬で鍛冶工房を拓いた福岡一文字の名門刀工の東源治助真 (正宗の師匠の師匠) とその一団はこの地で刀工をはじめ大工工具や農器具を盛んに製作したと古老から聞きました。鎌倉時代までの木工と農具から鉄器具に代わりこの時代から農作業なども大幅に進展したと言われています。

家康日光奥院の廟の護神刀 国宝徳川助真は助真の作です。

太刀 銘 助真[東京国立博物館]