北鎌倉やぐらの森

「やぐら」とは、鎌倉後期に都市鎌倉から「発祥」したもので、おもに山裾や中腹の岩の崖面に横穴を掘りお骨を納め五輪塔などの石塔を立て、仏の供養の場としたようです。